入試で差がつく「図形分野」正答率の低い「図形問題」を克服し 志望校合格を目指そう! 中学入試の算数で正答率の低い「図形」問題。「図形」問題を得意とすることで、中学入試を有利にすることができます。

図形問題を解くために必要なのは「イメージする力」。

低学年から図形脳を鍛えることで、高学年で出題される難易度が高い図形問題を理解する力に差がつきます。
ここで培われる理解力は、入試での得点の差に直接つながります。また、中学、高校、大学と、より高度な勉強を続けていくための力となっていくことでしょう。

『図形の極』は、この「図形をイメージする」力を鍛える教材です。「図形分野」を克服し、入試での「合格力」を高めてください。

基礎力から受験に通用する応用力まで

『図形の極 プロフェッショナル』で育てる「イメージング力」!

『図形の極 プロフェッショナル』は、テキストなどの平面では理解しにくい“立体図形”“回転体”“展開図”なども、 アニメーション映像を用いて解説していますから、イメージする力~「イメージング力」が自然と身につき、 無理なく理解を深めることができます。
また、進度に応じた級ごとにスモールステップで継続的に学習できる方式を採用していますので、 自分のペースで実力を確実に身につけることが可能です。

『図形の極 プロフェッショナル』で、「図形」を得意分野に変えてください!

資料請求